平凡な主婦のお気楽な日常と猫のきなこ&こはく&くるみの話あれこれ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑



ボロ雑巾のように痩せてやつれてガリガリだったくるみですが、いまやこはくより重くなりました。

こんな美ネコになって、嬉しい限りです。
スポンサーサイト
2013.09.18 / Top↑
コタツを片付けて広くなったリビングの和室。
くるみの大好きな猫じゃらしを使ってお遊びタ~イム!

じゃらしで遊ぶ

飛びついてる写真はピントがボケボケだったので断念。

捕まえた…?

かわいいよ♪

たのし~!
2013.05.03 / Top↑
はぁ~、今朝は大騒ぎでした。

朝の猫ごはんはダンナの担当なんだけど、
「おかし~な、くるみが食べに来~へん」

え? くるみはいつも一番にご飯にやってくる子。

「どこかに閉じ込められてるんちゃう?」

と言ったものの、そういえば昨日の夜からくるみの姿を見ていないような気もする。

夕飯は、私がやったけどその時は確かに食べてた…ってことはそれ以降?

どこかに隠れてるんやろうと最初は軽く考えていたのですが
探せど探せど、見つかりません。

押入れとか、トイレ、お風呂、子ども部屋、タンスの引き出しも全部開けました。
ソファの下も、テレビラックの中も…

居ない・・・・・・・・・・・・・・・・




まさか、外に出た?戸締りはちゃんとしていたはずやけど…でも

体中から汗が出ました。
取るモノもとりあえず、Tシャツとジーパンに着替えて
外へ飛び出して小さな声で近所も探して回りました。

考えちゃいけないけど、脱走したくるみが事故にあってるんじゃないかとか
そういう光景が頭をよぎります。

飼いネコを脱走させてしまうこと、それは本当に猫飼い失格だと思っていたのに
まさかそれをやってしまうなんて、私は最低だ…って自分を責めました。

そしたら「おったー!」ってダンナの声。
「何処に??????」(ぜいぜいぜい…鼻息荒っ)

「ベランダや」

見るとエアコンの室外機の後ろの隙間に居ました。
おびえているようで、呼んでも出てきません。

大好きな缶詰めをお皿に出してゆっくりとおびきだし、
食べ終わるのを待ってそっと捕まえました。

あぁ~、よかった(号泣)

本当に、体中の力が抜けました。
家の中に入れても、しばらくは興奮して走り回っていましたが
落ち着いてから体をチェックしても特に怪我もしてません。
夜は寒かったかもしれませんが、真冬じゃないし何とかなったでしょう。

私が洗濯ものを取り込んでいた時に出て、そのまま気付かなかった。
夜、寝るときにも3にゃんがどこで寝ているかを確認しなかった私のミスです。

真っ暗なお外の夜。
いつか外の子だったときは、おかあちゃんと一緒だった。
ひとりぼっちで締め出されて、どんなに不安な夜を過ごしただろう…

「ゴメン、くるみ。ほんまゴメン」

でもでも、本当に外へ行ってしまってなくてよかったです。
これで今後もっとちゃんとしなければ…と強い教訓になりました。

あまりに慌てていたんやろなぁ~、私Tシャツが裏返しやったもん(苦笑)


無事でよかった…(涙)
2013.04.17 / Top↑
我が家は和風の家なのでリビングは和室です。
そこの小窓脇にカラーボックスを連結して置いた上が
日向ぼっこの特等席になってます。

冬の間は寒いので小さなカーペットを敷いてます。

眠い…


まったり~


くるみは術後の抜糸も無事終わりました。

そのタイミングを狙って、3にゃんの首輪を新調。
お気に入りの首輪ショップのオーナーさんが産休に入られるので
昨年末にまとめて3本購入していました。

首輪の話は、次のエントリーで書きます。
2013.03.14 / Top↑
我が家が猫と暮らすようになって3回目の手術の日。

やっぱり健康な猫に避妊手術をする行為は感傷的になります。
でもそこはしっかりと気持ちを落ち着けて、この子のために…と考えます。


朝ごはん抜いて水も切ったのに、割とおとなしかったくるみ。

手術当日 2

手術当日

行きつけの病院は、午前に預けてその日の夜にお迎えにいく方式。
つまり入院はしません。
無事手術が終わりました。
きなこ、こはく、と比べて手術当日から結構元気があったくるみでした。
それでも寝ている姿は痛々しくて…

手術終了…

思うように動けないエリザベスカラーに不満な様子。
行くとこ、行くとこ、「ガツッ」ってぶつかるし、キャットタワーに登れないし…

ごきげんななめ 


黄昏る…

目に涙が…(悲)

くるみは、いつも右の目がウルウルしているんですけど
今日は痛くて涙流してるように見えてしまって…辛いです。

いつも涙目だけど、今日は辛い


がんばった、くるみ。
痛かったと思うけど、これが最善のことだと信じてる。
我が家で絶対に幸せな猫生を送れるようにするから許してね。
2013.02.27 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。