平凡な主婦のお気楽な日常と猫のきなこ&こはく&くるみの話あれこれ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
於 大阪シアタードラマシティ 19列36番

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。エーン!! とうとう、千秋楽です。
半年前、ロミジュリが決まったと聞いた瞬間から指折り数えて待ちに待った観劇も今日で終わり、そう思うと感慨深くてたまりません。
蜷川氏の演出舞台ではアドリブはご法度らしいので、千秋楽ならではのお遊び的な要素はないものの、やっぱり最後だ~という雰囲気は役者さんからひしひしと感じられました。
そして、めったに観られないであろう・・・いつもは台詞完璧の竜也くんの大噛み!
しかも言おなおそうとしてまた噛んだ!こんなボロボロの竜也くんも珍しい・・・
自分で自分のほっぺをピシピシと叩いて必死に演技を続けたのがとてもほほえましく、客席からは温かい笑いがこぼれました。
精神的にこもるようなお芝居ではないだろうけど、体力的にはすごく大変なこのお芝居・・・3ヶ月の長期公演のちょうど半ばで疲れもピークではないかな?とチョッと心配。
そうそう、オペラグラスで覗いたら竜也くんの額に傷を発見・・・いつ出来たのか気になります。
でもカーテンコールでは一回目から総立ちの客席に満面の笑顔で答えてくれました。
その笑顔が観たくて、また足を運んでしまうのですよ(笑)
何度も何度も、笑顔で姿を見せてくれた竜也くん、最後は杏チャンを軽く抱きしめてました。
素晴らしい感動を、思い出をありがとう♪


スポンサーサイト
2005.01.23 / Top↑
於大阪シアタードラマシティ 6列25番

初観劇の興奮もまだ冷めやらぬうちに二度目の観劇♪
今日は3列目のど真ん中、開演前に席に着いた時点でもう心臓は張り裂けそうになった。
演劇はやっぱり前の席で観るに越したことはないなぁ・・・贅沢な望みだけれどいつか最前列で観れる日が来るといいなぁ~なんて。
さて、舞台・・・それはもう、言うに及ばず、すばらしい出来栄えでした。
カテコでマキューシオ役の鈴木豊さんがこちらを向いて手を振ってくださってるのを見つけ、嬉しくなってこちらも振り返したのだけれど、後で聞いた話では奥様が観劇されていたとのこと・・・あ、あれは奥様に対してお振りになったのだ!しかも投げキッスまで・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン
あ~~~、バカバカ!恥ずかしいったらありゃしない!
というわけで、また明日もロミオに会えるんだ~~♪
2005.01.22 / Top↑
於大阪シアタードラマシティ 9列40番

私の尊敬する俳優藤原竜也さんの舞台、記念すべき初観劇の日。
数日前からドキドキしてまんじりともせず過ごし、ようやく迎えたこの日。
一声発したその瞬間から劇場内の空気が竜也くんに全部集中するようなものすごい存在感。
同じ時間、同じ空間にいられることがとにかく『幸せだぁ~~~』(by ロミオ)

若さと無邪気さと恋する喜びが全身から溢れ出し、子犬のようにはしゃぎまわる姿はほほえましくて可愛い。こんな風に一途に一直線に人を愛せたら幸せだろうなぁと思う。
本当にこの人は役を演じているというのではなくて、役そのものなんだなぁ~~(しみじみ)
だって目の前にいる若者は『藤原竜也』ではなくてまさしくロミオにしか見えなかったもの。
3時間という長い芝居にも関わらず、あっという間の初観劇、カテコの竜也くんの笑顔はとびっきりとまではいかなかったけれど幸せな時間でした。
日常の色んなことを忘れて本当に楽しいひとときに夢うっとりと帰宅の途に。


2005.01.20 / Top↑
はじめまして♪訪問ありがとうございます。
たくさんあるブログの中から私のブログに来てくださったのも何かのご縁とうれしく思います。
藤原竜也さん大好きなごく普通のお気楽主婦が他愛もない日常をつらつらと書いていますので、どうぞ楽しんでくださいませ。

ブログタイトル「てんねん・きなり」は私自身が天然ボケであること、天然(自然)で居たい、生成りの風合いが大好きということでつけました。
どうってことない名前ですが、ひらがなで覚えやすいし印象に残るかな?と気に入っています(笑)
2005.01.19 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。