平凡な主婦のお気楽な日常と猫のきなこ&こはく&くるみの話あれこれ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
温野菜にハマっている。
今日は、サトイモ、白菜・・・ただブイヨンもしくはお湯で茹でただけの野菜にほんの少しの塩、マヨネーズ(もちろんカロリーハーフ)、ノンオイルドレッシングなどをちょこっとつけて食べる。
基本的にふだんの夕飯は炭水化物を控えているので、温野菜をおなかいっぱい食べてもいいことにしている。
でも塩分の取りすぎはいけないので、その辺は気をつけて。
サトイモ、いいなぁ~、おいしいなぁ。
でもちょっと悲しいのは市販のサトイモが傷んでいることが多いこと。
シャキっと新鮮なサトイモ、たべたぁ~い。
スポンサーサイト
2006.02.28 / Top↑
映画『DEATH NOTE』の撮影が福岡地下鉄で行われたというのは小耳にはさんでおりましたが、記事も出ているみたいですね。

Web 報知
サンスポコム
デイリー

さて、シークレットだった配役も少しずつわかってきました。
でも、レイはイワマツになっちゃったみたいです。
私は『さよなら、レイ=ペンバー』の台詞が聞きたかったんだけどな(笑)

2006.02.27 / Top↑
てんねん・きなりHPのほうに、ハーボットの『てんちゃん』がやってきました。
リンクさせてもらっている方のブログやHPで見かけていて気になっていたのでうちにも置くことにしました。
名前の『てん』は、ま~聞くまでもないでしょ(笑)

さて、このハーボットくん、無料版と有料版があるのですが貧乏主婦ですからもちろん無料版にしました。
でも有料版と違って、できることが限られてくるんだな~(苦笑)
ちょっと心が揺らいでいます(笑)
2006.02.26 / Top↑
今日、仕事中に怪我をしました。
扉を拭いていたのですが、金具に引っかかったみたいで手のひらの皮がめくれて流血。
たいした怪我でもない・・・のに、血がなかなか止まらなくて困りました。
さて私が怪我をして流血したときは必ず子供たちに報告します。

私『○○(息子)~!おかあちゃん怪我しちゃった』
息子『ええ~~!大丈夫?見せて(血のにじんだ絆創膏を見て涙目)
うわ~ん、おかあちゃん大丈夫?』
私『大丈夫ちゃう、もう死ぬかもしれん(←鬼)』
息子『うえ~ん、おかあちゃん死んだらイヤや!俺も死ぬ~!』
と、この言葉を聞いて私は大きな満足感を得るのです。(ひどい親)

だって、うれしいですよ~♪
ちょっと怪我しただけなのに、泣いて心配してくれて死ぬとまで言ってくれる。
こんなこと今だけですもの。

小3の娘も帰宅早々私に怪我を見せられこれまた涙目・・・
さすがにこの程度の怪我で死ぬとは思わないのでその手は通じないのですが、
それでもかなり心配してくれて、やはりしんみりと『おかあちゃん、かわいそうに・・・痛いやろ』
とやさしい言葉をかけてくれます。

私にとって、怪我は親子の絆を再確認できる大切な出来事なのです。
とはいえ、水仕事の時はつらいです~~~・・・(苦笑)
2006.02.21 / Top↑
リンクさせていただいているゆみさんのブログ(Love Yourself)で面白い占いを知りました。

ファンタジージョブ占い

私占いってあんまり好きじゃなくて、信じないほうなんですけど・・・(笑)
これ、面白い~~♪
さて注目の結果は?
2006.02.20 / Top↑
遅ればせながらバレンタインデーの話題。
うちの娘はわりとおぼこい(大阪弁かな?)子です。
つまり、ませてないという・・・

なのでこれまでバレンタインデーもダンナ(父)と弟にあげるだけのイベントでした。ところが今年「チョコをあげたい子がおるねん」と言い出したのです。(ダンナは複雑・・・笑)

娘が好きな男の子は意地悪したりちょっかい出してきたりしないやさしい子・・・だそうで、母としては応援するしかありません。
で、娘と二人でチョコ作りに励みました。
といってもチョコ溶かして生クリームを混ぜてから丸めるトリュフですが・・・。

かわいい小箱に入れてラッピングした初めてのチョコ。
娘の初々しい思いがたくさん詰まったプレゼントです。
靴箱に入れる・・・という娘に『手渡ししなきゃダメ!』とアドバイスして、勇気を出して手渡し。

『わ~!俺チョコ大好き、ありがと』 と彼は笑顔で受け取ってくれたと喜んで帰宅した娘。
あ~よかった♪
初めてのバレンタインが素敵な思い出になったようです。

ちなみに私の初バレンタインデーは小5のとき。
勇気を振り絞って渡したチョコは教卓に散乱し、手紙が黒板に貼り付けられる・・・という苦々しい思い出でした。

そしてダンナは保険の外交員さんから義理チョコをもらって帰宅。
ま、そんなもんでしょ
私と娘からの愛のこもったチョコはもちろん送りましたけど・・・(笑)
2006.02.16 / Top↑
藤原竜也さんが主演で実写映画化されることが決まった『DEATH NOTE』
を読み始めました。
男の子向け漫画なんていうものが久しぶりで、どっぷりハマってしまいました。
とにかく面白い!
私があまりに面白がって読んでいるのでとうとうダーリンまでが『俺も読もうかな・・・』と言い出しました。
この主役、竜也君が演じる『夜神 月(ライト)』(ものすごい名前・・・)は私の中ですでに竜也君に置き換えられて数々の場面に登場してます(笑)
うんうん、いけるかも!映画がかなぁ~~り楽しみになってきました。
2006.02.14 / Top↑
最近ヒロシのCMでも有名?な屋内型複合レジャー施設『スポッチャ』に行って来ました。
ここは、大人1300円(会員料金)で3時間遊びたい放題です。
ゲームセンターの各遊戯機、オートテニス、ゴルフ、つり、ロデオ、サッカー、ボウリング、カラオケなど何をやってもタダ!
最初はゲーセンのゲームがフリーで何度でもやれるのはかなり刺激的でした。
我が家はダンナが休みの月曜の午後に行くことが多いので、結構空いています。
で、昨日は初めてローラーブレードというものをやっちゃいました。
まったく、年を考えもせずに・・・(笑)
しかしながら、昔とった杵柄というのかアイススケートやスキーの心得がちょっとばかしあったもので何とかすべることができました。
結構スピードも出るので怖かったけど、最後は爽快~~

でも恐ろしいのはこの後・・・
防具をつけてはいたものの、何度かスッテンコロリンとこけちゃったので夜になってからひじやおしりが痛いのなんのって

やっぱりよる年波には勝てないってことですかねぇ(苦笑)
2006.02.14 / Top↑
竜也くんのコメントが掲載されています。

東京コンシェルジュBLOG

残念ながらこのラジオ放送、私は聴けなかったのですが、 竜也くんのコメントが見れてよかったです。 ところで映画「DEATH NOTE」を読み始めました。 男の子向け漫画というか、漫画そのものが久しぶりなのですが かなり面白い感じがします。期待大です♪
某大学での撮影も無事に済んだようでよかったです。 大学生のエキストラ募集の記事を読んでうらやましがる私に 「お前、いけるんちゃう?・・・」なんてのたまったウチのバカ愛しいダンナさま。 あのねぇ、いくらなんでも母親役じゃないんだから絶対だめでしょ。 ありえないでしょ。 たしかに大学にはいろんな人が居りますけども・・・(笑)
ま、そんなこんなで・・・映画も順調に撮影が進んでいるようで何よりです。
2006.02.13 / Top↑
今月号のPOTATO!もう、写真が最高にいいのですよ~♪
壁に寄りかかってこちらを見ているショット・・・
ヘアスタイルは短めの黒色。ネックレスは竜也君らしくないけど、ファー襟の革ジャンの前を開けて、細い首筋がみえてます。
私にとっては今年一番のナイスショットです。

インタビューは・・・
2006.02.09 / Top↑
一週間待ちわびた「戦国自衛隊第二部」・・・
見終わっての感想はタイトルどおりのありゃりゃでした。

毒コメントは↓(※ネタばれもあります。)
2006.02.08 / Top↑
突然ですが、このたびHPを立ち上げました。

かねてより念願だった藤原竜也さんのファンサイトです!
思えば竜也くんに心をわしづかみにされたあの日から、私のネットライフは始まったのです。毎日目を皿のようにして検索で藤原竜也さんに関することを調べまくり、幾つかのファンサイトさまにお邪魔してきました。初めは訪問するだけで満足だったのですが、そのうちに自分もサイトを運営してみたい、と思うように・・・。
でも、HPを作るなんて自分には絶対に無理だとはなから諦めてとっかかりやすいブログを始めて一年。それでかわいらしく満足していたのですが、ここへきてやっぱり夢を捨てきれず・・・(笑)
で、一念発起してHP作成の道を選びました。(そんな大げさな・・・)
ブログでも少しはかじったことのあるhtmlや、タグや、スタイルシートをテキストと首っ引き。なかなか自分の思い通りにならないもどかしさや、ページが出来上がる喜び・・・そしてさまざまな試行錯誤を繰り返し、やっと開設にまでこぎつけることができました(涙)。
まだまだ私がお世話になってきたサイトさまの数々には遠く及ばないものですが、とにかく自分のサイトが出来上がった喜びはひとしおです。これから少しずつコンテンツも増やしていきたいですし、訪問者の方々が楽しめるサイトにしていきたいと思っています。
(このブログやBBS、チャットルームは引き続きサイト内コンテンツとして運営していきます。)

皆様、どうぞブログともどもこれからごひいきによろしくお願いいたします。

最後になりましたが、サイト作成にあたって協力してくださったお友達の皆様、本当にありがとうございました。

こちらから行けます♪
2006.02.07 / Top↑
今日は節分・・・豆をまき、巻き寿司を恵方に向かって無言で食べると無病息災がかなうという。

夕方にはスーパーの惣菜売り場で巻き寿司に群がる主婦・・・もちろん私もその一人(笑)
ふわっと巻かれた太巻きの中身は、定番以外にもサーモンだったり、ネギトロだったりとバラエティに富んでいる。うなぎが巻いてある高級なものもある。・・・

でもこの巻き寿司、私は母の作ったものが好きである。
実家の母が腕まくりをして「今日は10本巻くわ!」とテーブルの上に材料を並べて一本一本巻いていく。
具は、高野豆腐、かんぴょう、干ししいたけ、かまぼこの含め煮、三つ葉、玉子焼き、きゅうり。
しっかりと巻かれた巻き寿司・・・切り口もきれいで、ぽろぽろこぼれたりしない。
いつだったか、私が挑戦したときは驚くほどぶっとく仕上がり、しかも海苔のつなぎ目がちゃん止まっていなくて崩壊、食べにくいったらありゃしない(笑)
手間もお金もかかるのに無残な失敗しちゃったものだから、落胆も大きくそれ以来作ってません。
やっぱり母のが一番だな。
そしてその巻き寿司に欠かせないのは父の漬けた紅しょうが。
料理好きな父が漬ける梅干は昔ながらのすっぱい梅干で塩分調整なんかしていないし、着色料も使っていない。その梅干と一緒に漬けたしょうがはこれもまたすっぱくてシソ本来の紅色が鮮やかな紅しょうがなのである。
スーパーで市販されているのは赤しょうが、父のが正真正銘の紅しょうがだと私は思っている。
このすっぱい紅しょうがが母の巻き寿司となんともいい相性で、たくさん食べられる。

目の前の巻き寿司も美味しいけれど・・・ふと実家の味を思い出した一日でした。

そういえば紅しょうが、漬かっているんだろうか?

2006.02.03 / Top↑
本日、読売テレビ「なるトモ」で藤原竜也さんの話題がとりあげられました。
ご本人の出演はなかったのですが、直筆のコメントが届いてました。
(ええ、もちろんあの素敵な字で♪)

まずは写真集について・・・

「初めからヌードになることは決まっていなかった」
「コンセプトがかざらない」(なので自然に脱いじゃった)
「本当に素の自分が表現出来たと思います」、とのことです。
で、戦国自衛隊の第二部の予告が流れました。
竜也君の目に涙があふれんばかり・・・の場面です。

そして舞台「ライフ イン ザ シアター」から会見の模様が。
「まだまだ勉強しなければいけないので全てにおいてチャレンジですね」
「たまの休みは毎日ジム通い」だそうです。

最後は映画「DEATH NOTE」の新聞記事からで、キャスティングについて製作サイドのコメントは「藤原さんはルックスだけでなく原作の世界観をきちんと見せてくれる俳優」だから・・・とのことでした。

で、番組へのメッセージとして先日新幹線を乗り過ごして生放送を遅刻した司会の陣内智則さんに対してきっつ~い一言。
「陣内さん、遅刻ってあり?」
わ~お!竜也くん、なるトモ見てるの?っていうか、コメント出演があることでちゃんとこの話題に食いついてくれるあたり、サービス精神が旺盛だなぁと感じました。
2006.02.03 / Top↑
話が前後しますが、今日は朝から「戦国自衛隊」の放送に先駆けてPR活動の電波ジャックがありました。
録画予約は完璧だったけど、ズームインSUPERはちょうどリアルタイムで見れました。
スタジオの廊下を反町さん、渡部さんとちょっと遅れて竜也くんがこちらに向かって歩いてくる画、こういう画を見ると頭の中では勝手にGメン75のテーマが流れてしまう私って・・・

で、おまけにライフ・イン・ザ・シアターの記者会見の模様も見れちゃいました。質問のたびに新婚の市村さんはいちいち奥様と結び付けられちゃってお気の毒。

さてズームインですが、竜也くんはグレーの縦模様のパーカーとブラックジーンズかな?
このパーカーの紐をずっとこちょこちょと触りながら落ち着きがない様子(笑)
そしてまたもや2000円のへんな下着の話題が登場してました。
まぁそれはいいんだけどドラマの一部が流れるのが同じシーンばかりもっといろいろバラエティに富んだ場面を流してほしいわ。

でも反町さんや渡部さんとのトークも面白かったし、現場が楽しそう・・・っていうのがにじみ出てたのでよかった♪

ザ・ワイドのほうは反町さんと竜也くんだけ・・・渡部さんは違うお仕事でしょうか?VTRでコメントされていたのがおかしかったです。だって朝は一緒にいたんですものねぇ~。
で、こちらの竜也君のファッションは黒のラメニット。
朝の衣装もそうですが、こういったフェミニンな感じの洋服はデスノートの月を意識してのこと?なんとなく竜也くんっぽくなくて違和感感じてしまいました。
ま、なんだかんだ言っても今日はほんとに朝から晩まで竜也DAYでした~満腹。
2006.02.01 / Top↑
お~!放送が終わりました。
堪能しました、戦国武将・小早川秀秋の藤原竜也さん。

2006.02.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。