平凡な主婦のお気楽な日常と猫のきなこ&こはく&くるみの話あれこれ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今年もだいたい毎日同じくらいのみなさまに見ていただきました。
本当にありがとうございました。
こんなブログですが、今後も細々と日々の事を書き綴っていきたいと思います。

訪問してくださった皆様、ありがとうございます。
出来ればコメントを残してくださると、なお嬉しゅうございます。
2013年が、みなさまにとって平和で穏やかな一年でありますように…

みなさま、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。
スポンサーサイト
2012.12.31 / Top↑
年末に雨、雨、雨…

大掃除が全然はかどりませんね。
洗濯物も乾かないし、にっちもさっちもいきません。

でも今年に限っては、それが幸いかもしれません。
足がこんな調子では満足に掃除なんてできませんから…(言い訳)

今日の足。

内出血がすごくてえげつない色になってます(苦笑)
出来れば添え木で固定したほうがいいと言われましたが、休日診療所には松葉づえがないので
固定すると歩けなくなってしまうのでやめました。

右足と比べると1.5倍くらいに腫れちゃってます…(苦笑)

階段に注意しながら、室内の大掃除を少しずつ頑張ります。



2012.12.30 / Top↑



この年の瀬の忙しいときにやってしまいました…

年末の買い物に行ってたとき階段を二段残して踏み外し、左足を変な形でひねった状態で上に座ってしまいました。
【ギュウ】って変な音がして激痛です。
折れた…と思いました。

土曜日だし、年末…
幸い近所に休日診療所があるので診てもらったら骨は折れていなかったんですが捻挫でした。

とにかく自由に動けない…
ウチは三階建てなのですが階段なんて本当に死ぬほどつらいんです。
大掃除もまだ終わってないし…どうしたらいいのやら。
しかも禁酒令まで出るし、踏んだり蹴ったりです。

あ~あ、ホンマにどんくさいことです。

自分が動けないのに、掃除の指示出して家族にやってもらうわけにもいかないし…
なんか最低の年越しになりそうです。




2012.12.29 / Top↑



くるみたん…

どう見ても足短いよね…(笑)
2012.12.28 / Top↑
数日前にアップした作品がマロさまのブログで公開されています。

文化祭のタイトルは『ステキ文化祭で一年を締めくくろう』です。

私のはパッチワークですが、他の部員の皆様の本当にバラエティに富んだ作品がズラリと並んでいます。
是非ごらんくださいませ。

次はパッチワーク以外で参加しようかな。

2012.12.23 / Top↑
今日は冬至です。

…と偉そうに言ってますが、実は忘れてたんですよね~私
今日、母と妹と一緒に妹の新居でクリスマスパーティしたのですが
その食卓にかぼちゃの煮つけが出て、「今日は冬至やからかぼちゃとゆず湯やね~」
って言われて初めて気づきました。

「ウチは入浴剤がゆずだから年がら年中ゆず湯やで」というと、そういう意味じゃない!と(笑)

なので、帰りにゆずを買って帰り「ゆず湯」にしました。

お~!!!
とってもいい香り~、癒されますね。

無病息災、お願いします。

今年も残すところあと10日です。
やらなきゃならないことがいっぱいですがとりあえず明日はパート先が大忙しの日。

ミスのないように、頑張ってきます。
2012.12.21 / Top↑
このところ、きなこの体調が思わしくありません。
吐いたり、下痢したり、食欲がガタっと落ちたり…って感じです。
カリカリも2.3口しか食べず、大好きなささみの缶詰さえ舐める程度。
数週間前に4・4キロあった体重が今日4.0キロにまで落ちてしまいました。

数日で納まるかと思って経過を見て居ましたが、結構続いているし年末も近いので
今日病院へ行ってきました。

いろいろ診察していただきましたが
やはり考えられるのは新入りの加入でストレスがあるのかもしれないということでした。
とりあえず、栄養補給の点滴と食欲を増進させる薬をいただきました。

きなこの目の届く範囲であまりくるみをかわいがらないように、と
アドバイスをいただきました。
そういえば、くるみが甘えたのあまりいつでもどこでも膝に乗ってくるので
そのまま甘えさせていたなぁ~と反省。

きなこは小さな胸を痛めていたに違いない。
初対面から数日で威嚇しなくなったから、くるみを受け入れてくれたんだと喜んでいたのですが
やはり我慢していたのかもしれませんね。

今朝は、パソコンチェックしている私の膝から絶対に降りることなく
ず~っとスリスリごろごろしていたきなこ。
淋しかったんだ…ごめんね。

みんにゃ同じように大切だけど、その中でもやっぱりほんのすこしだけきなこが上。
そうして優先してあげないとダメなんです…わかっていたはずなのに。

病院から帰ってすぐ、しばらくやってなかった「ご飯の催促」をしてくれたので
好物の缶詰とカリカリを少な目に与えてみると、全部食べてくれました。

よかった~~ほんま(涙)
少しだけ安心しました。

これからちゃんと見守ってあげないとね…

珍しいツーショット


ちなみに、きなこのついでにくるみも一緒に病院へ…
一通り診察していただいて、ワクチン一回目を済ませました。
体重の増え方がかなり緩やかなのですよね~今日は650g(保護当時540g)
猫のエサに対する食欲にムラがあり、人間の食べ物への食いつきが激しいことも
野良出身が影響しているのかもしれないとのこと。
もちろん人間の食べ物はいけません!
カリカリを食べさせるようにしないと。

あとは、右目がず~っと涙目なのも気になって抗生剤の目薬をもらいました。

そうそう、くるみをウチの子として育てる報告もしました。

これでみんにゃが元気いっぱいになってくれることを祈ります。
2012.12.21 / Top↑
マロさまのブログで手芸部という活動がありまして、私も夏終わりから参加させていただいてます。
手芸部と言っても、いろんなジャンルがあって手作りなら何でもオッケー(だと思う)!
私は主にパッチワークキルトで参加していますが
年に数回文化祭があってそこで作品を披露していただけます。
部員もたくさんいらっしゃるし、訪問者もたくさんの人気ブログさんなので
やりがいもハンパじゃないってもんです(笑)

前回初参加以降、クリスマスの文化祭用にコツコツと作ってきたモノをアップします。



シンプルなポーチ。
色合いがオバンくさいと言われたらそうなんですけど、
手持ちの布がどうしてもこういう地味な色合いが多くて…(苦笑)
良く言えばカントリー調ってところでしょうか。

ポーチ

ず~っと前にフェリシモで買った100枚のミニサイズの布のお徳用パック
10センチ四方の布がバリエーション豊かにセットされているものですが
なかなか使えずに放っていたり、好きな柄だけ先に使ったりして中途半端に残っていた。
それをサンプラーキルトにしました。


スクラップキルト

こちらはまたまたフェリシモですがキットになっているものをランダムに詰め合わせた
お得なセットがあったんです。
そこからの二種。


バッグ

これはミニポーチなんですが被せの部分にはマグネットホックを使っています。

ポーチ2種



二枚目のサンプラーキルトは2週間くらいかかったかな?
出来上がったモノがやっぱり地味なラインナップですけど…
今回はこの作品たちで参加させていただきます。
マロさま、どうぞよろしく~!
2012.12.18 / Top↑
元気になったついでに、写真をア~~~~~ップ。

きゃわいい~!(親バカ)

ちょっと大きなハムスターみたい

復活した…


2012.12.14 / Top↑
う~ん、くるみは元気になったと思っていたらまた食欲が無くなったり…と安定しません。

お皿に手を突っ込んでガブガブ食べたかと思うと、皿を差し出しても食べないときもある。
ウンチとおしっこは順調に出ているんですけどね。

まぁ、生まれてすぐに過酷な状況で生きてきたので仕方ないのかも。

くるみの様子に一喜一憂しながら見守っています。

前回の「元気がない」の更新のあと一食開けてまた食べるようになったんですが
今朝は全然食べてくれません。
ご飯を食べないと薬を飲ませられないので困る…
でも口元に付けてもプイですから。

仕方なくそのまま仕事に出かけ、帰ってきたら娘がやった缶詰がそのままお皿に…
とりあえず運動でもと思い、ケージから出していると
きなことこはくの食べ散らかしたカリカリをムシャムシャ。
あれ?カリカリ食べるのか?と思って、用意してあったキトン用の小粒のカリカリを与えてみたら
「うにゃうにゃ」言いながら食べました。

「何だよ…缶詰じゃ物足りなくて歯ごたえのあるカリカリのほうがよかったの?」

ホント、お騒がせな子。

えへへ、元気になったよ

見るな…

娘の肩に乗るくるみ

2012.12.14 / Top↑
退院後、排便・排尿も順調で缶詰もお皿に手を突っ込んでハムハム食べていたくるみ。
このまますんなりよくなっていくのかな?って思ってました。
ところが、昨夜の夜中に缶詰を与えた後、就寝。
今朝様子を見てみると、ケージの中には食べてすぐに吐き出したと思われるフードが散乱。
見るからに元気がありません。

ケージから出してみても、すぐにまた毛布のところへ戻ろうとします。
そして体を動かした途端、おえっ、おえっとなってもう吐くものがないのか
透明の胃液を嘔吐。

何度かの嘔吐のときに、吐いたものの中に石が混じってました。
直径1センチ程度、厚みは薄っぺらいモノです。

その石を袋に入れて、病院へ。

保護時のレントゲン写真に写っていた異物の影とぴったり合致。
腸の中にあると思っていたモノですが胃だったみたいです。
体が小さいので腸まで行っていたら閉塞していたかもしれないから
吐いて出せてよかったと言われました。
ただ、今朝の嘔吐がその異物だけが原因かどうかは特定できず。
その石が胃の中でコロコロ動き回ったせいで
胃が炎症を起こしていたりしてそれで具合が悪くなっている可能性もあるが
何か別の件で体に不具合が起こっているのかもしれないとのこと。

とりあえずぶっとい注射器で抗生剤、胃酸を抑え、吐き気を止める薬を注射していただきました。
あとは飲み薬で様子を見るとのこと。
夕方くらいになって、もし食べ物を受け付けそうなら少しずつ与えてもよいそうです。

くるみは看護師のお姉さんに「可愛い顔してますよね~」と
両手で顔をくにゅくにゅマッサージしてもらって
気持ちよさそうにちょっとだけニヘ~としてました。
体重は610グラムに減りました。

外での過酷な生活に耐えてきた小さな体。
どうか乗り越えて欲しい…それだけです


今日はちょっとしんどいのだ
2012.12.11 / Top↑
保護した仔猫は二日間入院して今日無事退院しました。
保護当日は採血も出来ず夜中にどうなっても不思議ではないと言われるくらい衰弱していた仔猫。

すべてを先生にお任せし、どうか電話がかかって来ませんように…と祈るように一晩過ごしました。
翌朝、電話してみるとどうやら峠は越えたようだとの事で
自力で歩き回れるようになり、ご飯も食べ、排泄も出来たとのことでした。
ひと安心ですが、私は仕事もあったので夕方また様子を見に行きますということで預かってもらうことに。

夕方になってケージ持参で病院へ行きましたが、やっと入った点滴がまだつながっており
せっかくなのでもう一晩様子を見ましょうということになりました。
採血も出来ていろいろ検査していただきましたがウイルス検査はエイズ、白血病ともに陰性。
一回目のときは腎臓の数値が超高かったのですが二回目では平常範囲にまで落ち着き、
ノミ、ダニの駆除、便検査異常なし。
いろんなことがクリアになって本当に安心しました。
ケースのなかで元気に鳴いている仔猫を見て、胸が熱くなりました。

レントゲンには便がありましたが、小石みたいなものも写っていて
外での生活の過酷さがわかります。
何を食べていたんだろう?
便には毛みたいなものも絡まっていてそのせいで便が出にくくなっているのだとも
おっしゃってました。

保護当日、娘がジャケットの中に入れていた仔猫。

079 a

鼻の頭は黒く汚れていて何かがこびりついています。(保護当日)

083.jpg

ちらりと見えるピンクの肉球…極度の貧血のために色を失って白っぽい。(保護当日)
保護当日の体重は540グラム

087 a

元気になった仔猫…(本日)
さっき測ったら体重が645グラムに増えてました。
栄養失調だったので体重は軽いですが
獣医さんによると、生後2~3か月くらいだろうとのことです。

099 a


缶詰のフードをハグハグ言いながら元気に食べ、いいウンチも出ました。
まだまだガリガリだけどよく寝て元気です。

悩んだけれどウチの子として迎えることに決めました。

名前は「くるみ」です…どうぞよろしく♪
2012.12.09 / Top↑
え~っと…仔猫を保護しました。
実は、秋口から近所に母子猫を見かけるようになりました。
向かいの家のおばあさんが餌付けしているようで
そのお宅の庭の室外機のうえに母猫と仔猫が3頭いました。
しばらく元気な母子の姿が見えていたのですが、
いつからかそのおばあさんがほうきでその母子を追い払うようになったらしいのです。
娘が何度かそういう光景を見たとのことでした。
それから母子は近所で細々と生活していたようです。
誰かが食べ物を与えていたのかわかりませんが、仔猫は成長しているように見えました。

それでも外の生活が過酷なのは当然。
分かっていても安易に保護に踏み切れない自分が居て、
母子の姿を見るたびにどうしたらいいのか考えていました。
それからしばらく姿を見ないなぁ~と思っていたら、
数日前には母猫と仔猫が一頭ずつになっていました。
朝夕急激に冷えるようになって、冷たい雨も降ったここ数日…
母子はどうしているかなぁと気がかりでしたがひょっとして死んでしまったのか。

そして今日…

娘から携帯に電話が入り、「例の仔猫が我が家のゴミ箱の上に居る」とのこと。
それまでは近づくとピュ~っと走り去ってしまっていたのに
今日は簡単に触ることが出来たのだそうです。
そうすると、猫好きの娘の事なので離せなくなってしまったようで
私が帰宅すると家の前で仔猫を抱いて座ってました。

見てみると、なんとまぁ骨と皮だけのガリガリ。
体温もほとんど感じられないくらいでまさに死にかけ。
とりあえず家に連れて入り、物置になっている和室でヒーターの前に置いて様子を見ることに。
家のカリカリをふやかして口に入れてみてもモグモグもしないし飲み込まない。
猫用ミルクを買いに走り、与えてみましたがやはり飲めません。
スポイトで無理やり飲ませましたがもう虫の息。
夕方の診療時間が始まるのを待って、獣医さんに連れて行きましたが
極度の貧血と脱水、採血も出来ない状況でした。
保温しながら栄養と水分補給でどの程度回復するか…今夜がヤマとのことでした。

頑張って乗り越えて欲しい、それだけです。
2012.12.08 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。