平凡な主婦のお気楽な日常と猫のきなこ&こはく&くるみの話あれこれ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
私のような主婦としても母としてもファジーで未熟な人間が偉そうに言えたことじゃないのを承知で書きます。

さっき、スーパーへ買い物へ行ったんですけど多分駐輪場で待たされていたのであろう女の子が
我慢できなくて店内のおかあさんの所へ行っちゃったんだと思います。
自分のジーンズの足にしがみついてきた子を鬼瓦のような怖い顔で振りほどいたお母さん。

「外で待ってろ!って言うたやろ。何で来るねんアホ!!」(大阪弁です、すみません)

先日は、朝洗濯物を干していたときに下を通った親子。
母は背中に乳児を背負い、もう一人子供の手をひいています。

母「さっさと歩けや!ボケ。お前にかまってる暇なんてないんじゃ!」とヒステリックに叫ぶ。

そして、前を歩く男の子の背中を足で蹴りました。蹴られた子供はもんどりうって転倒。
母親はその子の首筋の洋服をつかんで起こし、そのまま引きずるように幼稚園へと向かいました。

う~ん、なんともいえない気持ちになります。
自分も決して出来た親だなんて思ってません。気分で子供も叱ることもあるし叩いたこともあります。
でも、ここまでにヒステリックに怒鳴る母親を見ると心が痛みます。

ココ数ヶ月、母親が自分の子供を殺める事件が相次いでいますよね。
あんなに痛い思いをして生んだ自分の分身、どんなお母さんでもかわいくないなんてことはないと思うのですが・・・
確かに小さい時には小さいときなりの難しさや大変さがあり、大きくなればなったでまた悩みの種はつきません。
子供なんて本当に思うようにいかないですよね。(今、自分で自分に言い聞かせているのかも・・・)
でも殺してしまうところまで行くのはやっぱり理解できない・・・そこまで追い詰められて悩んでいるのはわかるんですけどほかに手段を見つけてほしい。

母親の心が病んでいます・・・どうにかならないものでしょうか。
少子化が不安視されている世の中で、大切な子供の命がこんな風に奪われてしまうことはつらい。

そして一生懸命なお母さんが傷つくことも悲しいです。
スポンサーサイト
2008.10.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kicchi0417.blog22.fc2.com/tb.php/1000-d91b4d86
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。