平凡な主婦のお気楽な日常と猫のきなこ&こはく&くるみの話あれこれ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
これはあくまでも私個人の意見として書きます。

某社のお菓子「蒟蒻畑」でまた死者が出て今度は製造中止になったというニュース。

私は個人的にこの蒟蒻のお菓子が大好きです。子供たちも大好きなので新しい味が発売されるとチェックしたり、特売になっているときにはまとめて数袋購入したりしていました。

それが製造中止だなんて・・・
もう食べられないと思うとたまらなく淋しいです。

亡くなられたお子様はお気の毒だと思いますが、やはり監督責任を疑わずにはいられません。
こんな危険な食べ物を作るほうに責任があるという主張は同じように子供を持つ人間としても
賛成できるものではありません。

たとえばこの商品を世の中から抹殺したとしても、第二の悲劇は起こりえます。
子供に食べ物を与える立場の人間が気を配らなければならない問題なのではないでしょうか。

大切な子供を奪われた・・・その気持ちのやり場のなさも憤りも決してわからないわけではないのですが、方法が違っているように思えてなりません。

先日帰宅した息子が私に聞きました。
「おかあちゃん、うちでよく食べてる蒟蒻ゼリーって食べたら死ぬのん?」

「いや、それは違うよ。でも食べるときはよく噛んでちょっと気をつけなあかんってこと。」

だってそうですよね、食べたら死ぬなんて・・・まるで毒入りみたいなイメージを植えつけられてるんですから問題です。

難しいとは思いますけどうまい解決法がないものかと思います。

スポンサーサイト
2008.10.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kicchi0417.blog22.fc2.com/tb.php/1009-671482c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。