平凡な主婦のお気楽な日常と猫のきなこ&こはく&くるみの話あれこれ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
仕事中も気になって仕方なかったです。

帰宅してテレビをつけるとちょうど織田選手の登場。
息子の参観までほとんど時間がなかったのですが、もうテレビに釘付けです。

息を呑んで演技を見ていました。
織田選手、4回転は回避したのですね・・・ちょっと残念だけど、それも仕方ない。
最初から跳ばないと決めている選手とは違う。

そして、あのアクシデント。

後から聞いた話だと、試合前から切れていた靴紐。
感覚が狂うのがイヤだったから 結んでそのままやっていたのだと。

氷の神様は時に非情です。
試合の最中にさらにそれが解けてしまうアクシデントになってしまうとは・・・

従来の彼ならあの場面ですでに泣き出していたのではないか?なんて思っちゃいましたが
気丈にも結びなおして演技再開。

決して満足のいく試合ではないだろうけど、最後まで滑りきったことがすばらしい。

そして、7位でしょ?すごいじゃないですか!
何のミスもなく滑りきった選手が何人も居てそのうえに行ったわけですから。

確かに、あのアクシデントがなかったらどんな結果になっていたのか?
それは考えたくもなってしまいます。
でもね、時間は戻せないのですから言っても仕方ないこと。

この涙を次の笑顔へと変えて欲しいと思います。
まだまだがんばって!

そして高橋選手は本当におめでとうございます。
史上初!と冠のつく偉業がいかに大変なものであるか・・・素晴らしいです。
4回転もチャレンジしてくれて、嬉しかった。
私は個人的に 世界チャンピオンたるもの、4回転を跳ぶべき!という
プルシェンコ選手の意見に賛同してました。
4回転を跳ばずに世界チャンピオンが誕生していることに我慢がならなくて
フィギュア界に復帰したというその意気を痛いくらいに感じてました。

そして日本の3選手も4回転に挑戦してくれたことが嬉しかった。
(織田選手は、直前で回避でしたが・・・)

結局、今回のチャンピオンは4回転を跳ばなかった選手でした。

とにもかくにも、日本の三選手!本当にお疲れ様でした。
織田選手も、胸を張って帰国してほしいと思います。



スポンサーサイト
2010.02.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kicchi0417.blog22.fc2.com/tb.php/1230-3d0e29fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。