平凡な主婦のお気楽な日常と猫のきなこ&こはく&くるみの話あれこれ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
批判を承知で書きます。
でもこれはあくまでも私個人の意見ですので、クレームはお受けできません。

全世界が注目したであろう、フィギュア女子ショートプログラム。
下馬評どおり?キムヨナ選手がまた世界最高得点を更新してトップに。

日本中が注目した浅田選手も今期ほぼパーフェクトの演技でしたが、
得点差4.72の二位。

浅田選手が日本選手ということを差し引きして公平に見ても、
キム選手の毎回の世界最高更新はイマイチ納得できません。
18年ぶりに世界大会でトリプルアクセルを決めた浅田選手が評価されず
ヨナ選手が変わり映えしないプログラムで世界新を更新し続けるのはなんで?

そこまですごい演技だったでしょうか?よく分からない。

でもフィギュアのような採点競技って不透明な部分が多すぎて、
時に落胆させられることも多いですね。

ヨナ選手のような演技が高く評価され続けるのであれば、
フィギュアの世界に進歩はなくなってしまいます。
誰も難しいプログラムに挑戦しなくなって面白くないでしょ?

浅田選手は「同じことをやっていても成長はない」といってます。

私は、ヨナ選手の国籍とか浅田選手のライバルとか
そういうことを抜いて公平に考えても
今のフィギュア界の採点方式が納得できずに悶々としています。

プルシェンコや高橋選手が4回転にこだわった理由もそこでしょう。

この鬱憤を、ぜひともフリーでサックリと晴らしてもらいたいものです。
決して、ミスを願っているわけではありません。
すべての選手が、自分の持てる力を出し切った上で
公平なジャッジが下されることを切に祈ります。

真央ちゃん、ミキティ、鈴木選手もみんな精一杯がんばれ。

スポンサーサイト
2010.02.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kicchi0417.blog22.fc2.com/tb.php/1231-7329fa91
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。