平凡な主婦のお気楽な日常と猫のきなこ&こはく&くるみの話あれこれ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
いや~、私にとってかなり衝撃的な出来事だったのですが
なかなかエントリすることが出来ませんでした。

実は、先週の金曜日。
子どもたちが初めて家出したのです。
このところの乱れた生活習慣やら、テスト結果の悪さに我慢も限界に来ていた私は
とうとう言ってしまったのですよね。

「もう~!出て行け。帰ってくるな。」と。

一度吐き出したら、怒りがさらに倍増して 「絶対に帰ってこなくていいから!」
とダメ押しまでしてしまいました。

そして、その後二人は塾へ。

なんとなぁ~くイヤな予感はしていたんですけど、
帰って来ないんです。

塾は最大でも9時に終わるのに、9時過ぎても帰って来ない。
さすがに気になって、ちょっと町内を見て回ったのですが居ない。
塾まで見に行ったけど、すでにシャッターが閉まっていて、自転車も一台もない。

こうなると、一気に不安が増していくものでもう、汗だくで近所中探し回りました。
ダンナも参加しての大捜索。

かれこれ一時間近く町内中を何度も探し回っていると、やっと二人を発見。

涙があふれそうになるのを必死でこらえて、「何やってるの」 と しぼりだす。

娘曰く、自分たちが怒らせてしまったことが悪いと思っているので反省していた・・・と。
塾のお友達にお菓子をいただき、お友達宅の近くで話をしていたらしい。
そのあたりは、テリトリー外だと思ったから見ていなかったんだよね(苦笑)

いや~、ほんとそれにしてもあの汗は久しぶりの冷や汗でした。
帰ってくるな!といって、本当に帰って来ないときの不安ってないですよね。

それこそ、道路の側溝とか近所の川とか池とか、トンネルの中・・・
変なところまで必死で探している自分がいました。

娘だけならともかく、小5の息子も一緒だったので余計に不安だったってのもあるけど、
本当に寿命が数年縮まったような気がします。

その夜ダンナが子どもたちに書かせた反省文を冷蔵庫に貼って 戒めにしていますが
今回は私も反省しました。

いや~、いつまでも子どもだと思っていたのにそうじゃないんですね。
びっくりしました。

スポンサーサイト
2010.05.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kicchi0417.blog22.fc2.com/tb.php/1261-5b413776
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。