平凡な主婦のお気楽な日常と猫のきなこ&こはく&くるみの話あれこれ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
目から鱗です。

私は生まれも育ちも大阪、生粋のなにわっこ。
お好み焼きとタコ焼きをちゃんと作れて一人前と言われて育ちました。
もちろん嫁入り道具にタコ焼き器も入ってます。

そんな粉もん人間の私が最近はあろうことかもんじゃにハマりまして
この数か月は日曜の夜にもんじゃを作って楽しんでおりました。

粉の分量が少ないからヘルシ~!って喜んで・・・

でもね、つい昨日目から鱗な出来事があったんです。
それは娘。
学校の調理実習で「お好み焼き」を作ってそれがおいしかったから家で作りたいと…
で、作ってみたらこれがめちゃくちゃおいしかったんです。
残念ながら写真は撮ってないんですが
レシピはこちら↓

小麦粉 85グラム
長いも 80グラム
だし汁 100cc
しょうゆ 小さじ2
みりん  小さじ2
塩    小さじ1 
卵 2個 
キャベツ 150グラム(みじん切り)
青ネギ 適宜 (輪切り)

豚バラ、エビ、イカ、天かす、ネギ、紅ショウガなど



これまでは、必ず市販のお好み焼き粉を使って作っていたのです。
それなのに、このレシピのほうがずっとおいしい!

なんだよ、市販のお好み焼き粉を使わなくてもこんなにおいしいのが作れるの?
ってか、こっちのほうがふんわり軽くて断然おいしい♪

ぜひともお試しください。

なお、この分量で二枚程度焼けることになっていますが、
我が家は6枚焼くつもりで3倍のタネを作ったら
タネがずいぶん余りました。
なので、キャベツを倍量にして4枚でも十分イケると思います。
味付けの調味料が多く感じられると思います、タネにかなり味がついてます。
焼き上がりは、そのまま七味を振り掛けて食べられるくらいです。
(実際娘はソースをかけません)

一般的なホットプレートで焼けますが、ポイントは絶対に押さえつけないこと。
タネとなる粉系の材料を混ぜ合わせてからしばらく寝かせ、
焼く直前にキャベツやネギ・天かすなどとさっくりと混ぜ合わせます。
鉄板に油をひいて、生地を直径15センチくらいに丸く広げ
豚、エビ、いかなどを乗せます。
複数乗せる場合は、豚を最後のフタにします。
5~7分焼いて焦げ目がついたらひっくり返し、絶対に押さえないで片面も焼きます。
ソースやマヨネーズ、鰹節、青のり、七味などをかけて召し上がれ!

あ~、これ書いてるだけでもまた食べたくなってきました。
本当においしかったです。

お好み焼き粉のメーカーさん、ごめんなさい・・・
もう市販の粉は使わないと思います。
スポンサーサイト
2011.02.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kicchi0417.blog22.fc2.com/tb.php/1366-6120f925
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。