平凡な主婦のお気楽な日常と猫のきなこ&こはく&くるみの話あれこれ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
テレビで見ました。

どちらも映画館で観なくてよかった…と思いました(毒)

「パレード」は原作は面白かったのに何であんな風になっちゃったのかな。
行定監督の作品は「春の雪」は大好きなのに残念です。

藤原竜也さんを始め、キャストの皆さんはそれぞれが持ち味を出していると思います。
台詞っぽくない話し言葉がとても自然だし、都会の片隅のありふれた日常を
俯瞰で見ている淡々とした感じが魅力なのでしょうけど
やはり終わった時に「なんだったの?」っていう感情で悶々とする。
私はこの手の映画が一番苦手なんです。

「マーリー・世界一おバカな犬が教えてくれたこと」
これもひどい、不愉快です。
邦題からしてバカにしているでしょう?

世界一おバカな犬というよりも、飼い主のほうがどうなのよ…。
ラスト、安楽死を選択する過程も安易。
奥さんや子供たちが病院に駆けつけないのも理解できない。
私なら、最後は家族全員で見守りたいと思います。

動物が死ぬのはかわいそうだからつい泣いちゃったんですけど、
後味の悪い涙でした。
スポンサーサイト
2011.04.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kicchi0417.blog22.fc2.com/tb.php/1394-b415ed55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。