平凡な主婦のお気楽な日常と猫のきなこ&こはく&くるみの話あれこれ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
やっと見れました。

公開中に見に行こうと思っていたのに、わが地元の行き着けの映画館での上映がなく仕方ないので「どろろ」に予定変更しちゃってそのままになっていた作品。

主演は嵐の松本潤くん、榮倉奈々さん。

感想は・・・

 ランキング参加中♪1クリックお願いします。



なかなかよかったですよ。私的には満足でした。

最近はやりの原作が人気漫画コミックらしいけど、もちろん知りません。
タイトルどおり、実の兄妹の関係でありながら恋愛関係になるという刺激的な内容。
でもね、さわやかなのですよ・・・主演の二人が。
私はマツジュンはどちらかというと嫌いなタイプだったんだけど(ゴメンナサイ!)
この映画で180度変わりました。
いいんです、さわやかだけどすごく色っぽい。
いとしい妹を見つめる目、禁断の恋に悩み苦しむ様子、ほかの女の子に対しての冷酷な態度、現実を受け入れて流す涙。
理科室で、兄妹でキスしちゃうなんて・・・わ~ん、ドキドキ(←アホ)

あらら・・・いい年して、高校生の恋愛ものがたりに心をふるわせることになろうとは思いもしませんでした。

台詞の間の独特の間が台詞以上に若い二人の心情を痛いくらいに表していて、長回しワンカットの手法がその間を効果的に生かしている感じです。
ただひとつ映画に関係ないところで気になったのは、主演の松本くんがきちんとネクタイを締めて制服を着ているのに、榮倉さんやほかの女の子たちがシャツのボタンをあけてネクタイをだらしなく結んだ着方をしているのが品がなく見えてしまいました。
わざと・・・なんだろうけど。

それにしても、高校生のくせになのになんちゅう色っぽいラブシーンをするんかいな、松本くんは。

ラストは、当然のことながら切ない終わり方ですが余韻の残るいい映画でした。

そういえば昔、舞台「白夜の女騎士」のインタビューで松本くんがとても頭のよさそうな受け答えをしていたなぁ~なんて思い出しました。

いま、ちょっと気になる松本くんです。


スポンサーサイト
2007.10.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kicchi0417.blog22.fc2.com/tb.php/819-6fda83bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。