平凡な主婦のお気楽な日常と猫のきなこ&こはく&くるみの話あれこれ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
なんで?渾身のエントリーが二度も消えちゃいました・・・

もう折れちゃいそうなんですがやっぱり書きたいのでもう一回チャレンジします。

毒です、毒吐きます。

人にはいろんな考え方がありますので、考え方が違う場合は不愉快になる場合もあると思いますが
読んでからの苦情は一切受け付けませんのでその点をご理解の上お進みくださいませ。
まず・・・羊水が腐る発言で活動自粛していた某アーティストKさんの復活ライブの話題がワイドショーなどで取り上げられていましたね。

そしてまだ早すぎる!甘い、もう歌を聴いても心に響かない・・・といっていたタレント?が居ました。
う~ん、そうかな。
私はこのアーティストのファンでも何でもないので客観的に見ているつもりです。
この騒動があったときにもブログに書きました。
これは生放送でなかったラジオの中の発言ですから、彼女の無知から来る発言の責任はもとより放送してしまった関係者の無知、そして認識の甘さでもあるんですよね。
もちろん表に立つ立場として彼女が非難されるのは仕方ないことですが、このときはネット上でのバッシングもちょっと異常なくらいで怖くなったのを覚えています。
彼女は自分の無知さや問題発言をきちんと反省し、謝罪しましたがその謝罪が一部報道機関に限られた事によってまた広がった波紋。

何もかもが、その方向を誤ったやり方だったためによりいっそう大きな騒動になってしまったように感じます。
でも、ならば彼女は自身の発言のターゲットとなった30代以上の女性を集めて土下座でもして謝らなければならないのでしょうか?
社会的制裁は十分に受け、謹慎した上で、これ以上謹慎することが新たに損害を生む結果になることも踏まえた上での復帰だったのでは?と考えます。

Kさんの問題発言ばかりが取りざたされていますが、テレビで氾濫するいろんな発言に該当し傷ついている人は多かれ少なかれ居ると思います。
この女性コメンテーターは何かにつけてお金がすべてのような発言をしますが、それならお金を持たない人はどうだというのでしょう?
逆に、「我が家の家訓は、反省している人間をそれ以上非難しないこと」だと言ったコメンテーターには好感が持てました。
許すこともひとつの大きな力ですよね。
もちろん、簡単に許せないこともたくさんありますが今回の発言騒動をそこまで許せないと言い張ることのほうが不自然に感じました。
これはあくまで私の意見ですが。

そして、もうひとつは「入学金を払わなかった生徒を入学式に出席させなかった」という高校の話。

何がニュースなの?何でこんなことがわざわざ新聞に記事として取り上げられなければならないの?
おかしいでしょ。
人生に一度の高校の入学式なんだから入学金払ってなくても参列させてやればいいじゃないか・・・と?かわいそうな子たちだ、学校側は融通の利かない石頭だとでも言いたいのでしょうか?
ありえません!言語道断です。

入学金を払わなければ入学できなくて当たり前!入学式に出席する権利はありません。

っていうか、この生徒以外にも金銭的に苦しくて・・・それでも必死で入学金を工面して参列した生徒が居たかもしれません。
それを考えたら、簡単に例外なんて認めてはならないのです。
このケースの生徒は結局入学式当日中に入学金を納入して入学を認められたとのこと。
ってことは払えたってことですよね。ひょっとしたら一日くらい遅れても参列させてくれるだろう・・・という甘えがあったのではないのかしら?
決められたことを守る、社会のルールです。生徒の心は傷ついたと思いますが教訓として胸に刻んでほしいと思います。

スポンサーサイト
2008.04.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kicchi0417.blog22.fc2.com/tb.php/918-c9367631
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。