平凡な主婦のお気楽な日常と猫のきなこ&こはく&くるみの話あれこれ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
見てきました!
テレビの予告編を見て「この映画見たい!」と思ったのが本当に久しぶりで・・・
思い立って初日のレイト上映にダンナと二人で繰り出しました。

「僕の彼女はサイボーグ」
監督クァク・ジェヨン氏は、「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」の監督さん。

実はこの二作品はダンナの大のお気に入りなのです。だから同じ監督の作品だよ!と言ったら
二つ返事で「見に行こう~」ってなったのですが、感想は・・・

※ネタばれ含みます、辛口です。ご理解いただける方のみどうぞ。


 ランキング参加中♪1クリックお願いします。

まぁまぁかな。

あのね、この監督の映画はどれにも共通していることですが中だるみするんですよねぇ~
無意味に長い。

猟奇的な彼女・・・は、ストーリ展開が面白くてラストがプロローグとリンクしているのがとてもいいんです。
だから好きなんですけど、この映画でもやっぱり無意味と思われる場面が多数・・・
もっとシェイプしたら作品として面白くなるのになぁと思っていました。
そして今作品も同じような感想を持ってしまったということで。

サイボーグを演じた綾瀬はるかちゃんは、超人的な強さ(サイボーグだっちゅうの)とキュートなかわいさ。
ジローの小出恵介くんもまじめでちょっと淋しい青年を自然に演じていて好印象です。

ストーリー的には、サイボーグが登場し、過去と未来の時空間が絡んでくるあたりターミネーターのパクリっぽい。
自分の命を守るために未来の自分が現在へ送り込んできたサイボーグ、登場シーンもターミネーターそっくり(笑)
プロローグでの彼女の意味深な言動がラストへと結びついていくであろう・・・というのは簡単に予想できたことですが、この展開がやたらとコテコテ長い。
ラストは、61年後の自分と彼女の場面で終わらせておいたほうがシンプルでよかったと思うんですけどね~私は。
いったいどこまで続いて行くねん!と突っ込みたくなりましたよ。

大地震の場面も、やたらとダラダラ長く続くし・・・

ま、途中何度か黄泉の世界へ旅立っていた私がとやかく言うな!って感じですが、
こういうことは、映画が完璧に面白い仕上がりになっていればありえないことですから。

う~ん、ちょっと不満の残る映画だったかな。

スポンサーサイト
2008.06.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kicchi0417.blog22.fc2.com/tb.php/934-0a38d0f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。